教えて!ボトックス注射

   

エラが出ているときにボトックス注射を打つ場合

人間は誰しもコンプレックスを持っているのですが、顔のコンプレックスはなかなか隠すのが難しいところです。顔のコンプレックスの1つにエラがあります。どのようなものかと言えば、顎の部分の中でも耳の下の部分が出っ張っている状態です。基本的にこの状態は、顔が大きく見えます。そのため、特に女性の場合はこれを気ににして人前に出たくないと考える人や髪の毛で隠そうとする人も少なくありません。一般的に、エラが貼ってしまうのは骨が出ているからではないかと言われています。確かに、骨が出ていることにより顔が大きく見えることもあるでしょう。ですが、多くの場合筋肉が発達してエラが張っているように見えるだけです。あるデータによれば、9割は筋肉による出っ張りとされています。そうだとすれば、この部分をなくしていくことにより顔を小さく見せることは10分可能です。その結果コンプレックスを解消させることにもなるでしょう。
とは言え、筋肉を小さくするといっても筋肉を切除するわけにはいきません。もちろんできないわけではありませんが、それよりもリスクの少ない方法は存在しています。その一つがボトックス注射です。ボトックス注射の特徴は、ボツリヌス菌と呼ばれる細菌を打ち込むことです。このボツリヌス菌は、神経を麻痺させる働きがあることで有名です。普通ならば、食中毒の原因ともなりますので食べ物に入っている場合には要注意ですが注射に入っているものは医療用に改良されたものですので食中毒になるような事はありません。それよりもむしろ、ボツリヌス菌により筋肉の働きを麻痺させ弱体化させることが可能です。筋肉を弱体化させることで、顔の筋肉の発達がなくなっていき少しずつエラが減少していく傾向にあります。
これを打つためには、クリニックなどに通う必要があるでしょう。クリニックならば、たいていのところで行ってくれます。もちろん美容クリニックである必要がありますが、大抵の場合注射を片方ずつすることで解消していきます。この持続期間はおよそ半年ほどと言われており、半年間は顔が小さい状態を維持することが可能でしょう。ですが、半年以上経過してしまった場合には2度注射をうたなければなりません。つまり、定期的に繰り返すことになります。
これに関しては、エラ削りをした方が良いのではないかといった意見もあるでしょう。エラ削りの場合は、1回行ってしまえば二度と大きくなる事はありません。そのため、魅力的と言えますがその反面傷跡が残ってしまう可能性もあります。もちろん、痕といっても目に見えない下のほうに傷をつけるだけですので目立つ事はありませんがそれでも自分の顔に傷があるとするのは嫌と感じる人は多いはずです。特に女性はその傾向にあるわけです。
料金を比較すると、えら削りの場合は10万円以上することがほとんどになるでしょう。ですが、ボトックス注射を打ち込むことでこれを安くすることが可能です。1本あたり、およそ5000円から10,000円程度で打つことができますので右と左に1本ずつ売ったとしても20,000円程度のお金しかかかりません。
これに関して、保険が利用できるのか問題になります。保険は、通常7割が国家による負担になりますのでさわりだけ支払えば良いことになるでしょう。しかしながら、この治療に関しては保険がきく事はまずありません。何故かと言えば、審美に関するものだからです。美容整形の場合でも、例えば顔にアザがありそれを除去しないと日常生活にも支障を及ぼすような場合には保険による治療が可能ですが、基本的にボトックス注射の場合は保険治療ができませんので注意しなければなりません。

エラ , クリニック , コンプレックス , ボツリヌス菌 , ボトックス注射 , 小顔 , 神経麻痺 , 費用