ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

シワ取りで有名なボトックス注射はフェイスラインを整えるのにも役立つ

美容整形には興味があるが身体にメスを入れるのはちょっと不安、という人は少なくありませんが、そんな人でも手軽に効果を期待できるとして人気なのが、プチ整形です。

プチ整形とは外科的処置を伴わずに施術できる美容医療の技術で、簡単なものであれば注射1本で済んでしまうものもあります。その代表的なメニューの1つに数えられるのが、ボトックス注射です。

ボトックス注射とは、ボツリヌストキシンと呼ばれる薬品を皮下注射して、さまざまな作用を及ぼす治療法です。ボツリヌストキシンは、ボツリヌス菌と呼ばれる細菌を原料として作られます。


ボツリヌス菌は食中毒を引き起こす細菌としてよく知られていて、大変毒性の高いものです。ただし、治療には菌そのものを使うわけでなく、菌から精製したタンパク質を利用するため、注射薬自体に毒性はありません。

医療用にはずいぶん以前から使われており、顔面のけいれんや斜視などを改善する治療薬として用いられてきました。もちろん、治療は医師によって安全かつ厳正な手続きに基づいて行われます。

ボツリヌストキシンには、アセチルコリンという神経伝達物質の働きを弱める作用があります。アセチルコリンは筋肉を動かす際に、神経組織を通して脳から「動け」という指示を伝達する役割を果たしている物質ですが、ボツリヌストキシンを注入すると、その機能が局所的に低下します。

すると、脳が盛んに指示を出してもその部分の筋肉がそれに十分こたえなくなります。つまり簡単に言うと、筋肉の動きが鈍くなるわけです。

この作用を応用したのが、美容医療としてのボトックス注射です。具体的な用途はさまざまですが、最もポピュラーなのはいわゆるシワ取り治療です
肌の表面にできるシワにはいくつかの種類がありますが、その1つに表情ジワというものがあります。

表情ジワは笑ったり顔をしかめたりといった表情の変化に応じてできるシワで、目尻の小ジワや眉間の縦ジワなどがこれに該当します。
表情ジワは皮膚の下にある表情筋という筋肉の収縮によって作られますが、通常は表情が元に戻ると自然に消滅します。しかし加齢や生活習慣の乱れなどによって皮膚の弾力が衰えると「クセ」がついてしまい、常時目立つようになります。


この表情ジワができやすい場所にボツリヌストキシンを注入すると、表情筋の動きが部分的に麻痺し、筋肉の収縮が制限されます。その結果、シワが目立たなくなります。

また、ボトックス注射はフェイスラインを整える際に用いられることもあります。適切に使用することで、いわゆる「小顔効果」が期待できます。
顔が大きく見えてしまうという悩みは、頬の両側が外に広がっている、つまり「エラが張っている」状態がしばしば原因となります。このエラは骨格自体が張り出している場合もありますが、顎の筋肉が発達しすぎているために目立ってしまっているというケースもあります。

この筋肉の過剰な発達を、ボツリヌストキシンによって抑えることができるのです。
腕や足などの筋肉と同じく、顎の筋肉も始終動かしていれば発達しますし、あまり動かさないでいれば委縮します。そのため、ボトックス注射によって顎の筋肉の動きを抑制すれば、徐々に筋量が少なく、痩せてくることになります。その結果として、エラの出っ張りが目立たなくなり、フェイスラインがすっきりしてきます。

ボトックス注射による小顔効果には個人差がありますが、平均するとおおむね治療後2~3週間程度で変化があらわれてきます。持続期間もまた個人によって異なりますが、おおむね3か月から6か月程度は持続します。効果を長期にわたってキープするために、継続して使用することも可能です。

最終更新日

Uncategorized