教えて!ボトックス注射

   

ボトックス注射で汗を抑えられる仕組みとは

多汗症やワキガに悩んでいる人はセルフケアを徹底しているはずですが、まったく効果がないという声は少なくありません。体質に由来するところが多く、毎日洗浄をしてデオドラントを塗ってもニオイが解消しないという人は多いです。そうした人におすすめしたい方法がボトックス注射で、ボツリヌス菌を気になる部位に注入し、汗腺を弱らせることによって解決させます。それにより肌のベタつきを抑えられますし、雑菌繁殖が減るのでニオイ自体が軽減するわけです。副作用が非常に弱い方法であり、メスを入れる必要がないので肌に負担をかけることがありません。ワキガが気になるけどメスを入れる剪除法だけは避けたいという人は多いです。そうした人に画期的な方法が注射一本で解決できるボトックス注射です。

副作用はまったくないわけではありませんが、部位が多少赤くなったり腫れる程度となります。時間を置けば解消していく問題ですから、必要以上に心配することはありません。注射は極細針で行われることが多いので、痛みは非常に弱いと考えてください。身体への負担を最小限に抑えつつ悩みを解消でき、治療後はデオドラントの効き目が格段に上がったという声が多いです。デオドラントを使用しても実感できない理由はシンプルで、それ以上に汗や雑菌の発生が多いためです。これらがニオイの原因となっているため、体質的な問題を解決していく必要があります。サプリなどで体質を変えることは可能ですが、非常に時間がかかってしまいます。ボトックス注射なら数分で終了し、持続効果は半年程度にもなるのです。

効果は永久ではなく、定期的に受ける必要があります。持続効果は個人差があって、4ヶ月程度しか継続しない人もいますし、8~9ヶ月も持続する人もいます。繰り返し注射を受けることによって持続時間が延びたという声があるので、まずは地道に施術を受けてみましょう。実際にどの程度の作用が発生するかについては、施術をしてみないと判断できません。発汗量は季節によって変化しますので、気になる季節だけボトックス注射を受けるのもありです。例えば冬場は衣服を重ねて着るので、ほとんどニオイが気にならないという人は多いでしょう。一方で夏場は蒸れが発生しやすく、ワキガの症状が強く出やすいです。

ワキガを解消するメリットは非常に大きく、衣服の黄ばみを抑えることができます。ワキの部分にはアポクリン汗腺が存在し、タンパク質を含んでいるのが特徴です。そのためベタベタした汗が発生し、鼻を突くように臭います。自分が想像している以上に強いニオイを発していることが多いので、ニオイを自覚している人は注意してください。人は他人のニオイには敏感ですが、自分自身に対しては甘く評価しています。自分でハッキリとワキガだと認識している人は、周囲に対して相当に不快感を与えている可能性があります。ワキガは体質的な問題であり、根本的に解消するためには剪除法を受けるしかありません。ただメスを使用する方法ですから、メスを避けて最善な方法を選びたい人はボトックス注射を検討してみましょう。

ボトックス注射は顔痩せ、ふくらはぎ痩せなどにも活用されています。筋肉の働きを緩和させる作用があるので、筋肉が強化しすぎている人の痩身法として人気です。注射一本でさまざまなコンプレックスを解消できるため、プチ整形として人気があるのです。身体への負担が非常に弱く、ダウンタイムもほとんどありません。デリケートな体質の人でも問題なく受けられますので、美容皮膚科や美容外科などで施術を受けてください。ただ施術に健康保険は適用とならず、すべて自費診療となる点は注意する必要があります。

ワキガ , 副作用 , 持続期間